同聚院 (東福寺 塔頭) 木造不動明王坐像

同聚院 (東福寺 塔頭) 木造不動明王坐像

 

同聚院 (どうじゅいん)は東福寺の塔頭(小院)です。
東福寺と言えば京都の紅葉の名所の一つですね。

しかし、塔頭にまで足を伸ばす人はそれほど多くない。
その中でもこの 同聚院は道沿いにあるにも関わらず
殆どの人がスルーしてしまいます。

まるで人を近づけない何かの力が働いているかのように^^;

でも!?

古都遊人はそんなお寺が大好き、
好奇心旺盛に入って行きます。
正解でした^^

 

同聚院(東福寺塔頭) 木造不動明王坐像(平安時代、重要文化財)

でたねぇ〜〜お不動さん好きの俺からしたらもうたまらん!!

それも日本最大の座像ときたもんだ!

【伝説】

あの藤原道長が発願で作られたものですが

 

同聚院では不動明王坐像を本像として
4体(降三世明王・軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王)
の計5体作られたらしく、祀られて
いたらしいのですが、

木造だけあってか?火事に合い、
今は同聚院(東福寺塔頭)

にか残存していません!

このお不動さんの前に立つと正直身震いするほどの迫力です^^

 

 

 

 

 

年に1回祈願の為に胡麻焚きが行われます。

 

オススメ度  ★★★  かなりオススメです

疲労度    ★    とても小さなお寺です

食事     ★    周りにお食事処がない

 

【場所】  京都府京都市東山区本町15丁目800

【TEL】   075-561-8821

【拝観時間】 9:00~16:00

【拝観料】

大人 200円
小人 100円

【予約】 可

【駐車場】

バス6台分 無料
自家用車30台分 無料
(東福寺駐車場)

【地図】

大きな地図で見る

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。