節電対策 エコグッズ

京都市は関西電力が要請した15%節電に応じることに決め

今月下旬から9月までの間にかけて、市民に「エアコンは28度」

「炊飯器の保温をやめる」など8項目の行動を示して節電への協力を求めた。

 

夏季ピーク時の午後2時の消費電力はエアコンと冷蔵庫で75%を占めることから、

エアコンの温度を1度上げて28度にし、冷蔵庫の設定温度を「中」に抑え、

開閉を素早くするなど二つの家電だけで計7%の節電が可能と見込む。

 

これに日中は照明を消したり、炊飯器の保温をやめることなどを加えれば

計16・7%節電が可能としている。

ならば、自分で使う電力は自分で発電すればいいのでは?

いわゆる「人力発電」を「自転車発電機」を使い

「ひのでやエコライフ研究所」(京都)で、

人はどのくらいの電力が起こせるのかチャレンジしたとのこと!

 

 その結果によると、大型テレビを1時間見るために3時間34分の発電が必要。

一般家庭の一日分の電力消費を補う為には525時間も自転車を

こぎ続けなければいけないとのことw

たった一日のために22日間も自転車こぎ続ける計算になる。

 

なるほど!

人力発電は難しいことが分かった….。

では他に何が出来るのか?

やはり太陽電池の存在は無視できない^^

 

ROTHCO社製のソーラーチャージャーです。

バックパックに取り付けて歩きながら充電できるので、

釣りの最中やアウトドアなどでも必需品になりそうです。

【ROTHCO社】 は1953年設立されたアメリカ最大級の

ミリタリーメーカーの老舗で、最近ではドラマ24で

ジャックバウアーが同社のバッグを使用していた事でも

話題となりました。

iPhone等にも充電できるとのこと。

 

今後、太陽電池パネル付きのカバンなどが続々と発売され、

そんな エコグッズ を持つエコビジネスマンを見掛ける

時代は近いのかもしれませんね^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。