カネタカフェ は 錦市場 の一角にある オススメカフェ

 

カネタカフェ は錦市場の一角
1階にある高級海産物屋嘉ねたの
2階にあります。

1階の海鮮物屋に惑わされると
2階のカフェに気づかないと思います。 

1階にいるおじさんかおばさんにカフェ開いてます?
と尋ねると空いていれば2階へ誘導してくれます。

 

 

 

ついに知ってしまいました!

京都でNo1の抹茶スイーツを!

はい!ドォーン!

 

生麩パフェ!

先ず!小豆ですが上手いアンコというものが

何かを嫌という程教えられます!

生麩ですがこれは間違いなくモチモチとした食感が楽しめます。

生麩と小豆の間を木製スプーンでこじ開けると、

中から胡麻のアイスクリームが姿を現します。

京都の抹茶スイーツでいつも驚かされるのは

それぞれを単品で食べると、そうでもないのですが

アイスが溶け、あんこやその他の食材と合い絡まった

ところを口に運ぶと三味一体の絶妙な味とは

正にこのことだと教えられるところです!

あんこ!抹茶アイス!胡麻のアイス!生麩!そして生クリーム!

が混じりあってもうたまりません!

次に現れたのは….

抹茶レアチーズケーキ

何だ!抹茶とレアチーズケーキのコラボか!

と安易に考えてはいけません!

生麩パフェもあげるから!という口説き文句を振りかざし

妻が頼んだこのケーキに妻より先にスプーンを突き刺して

味見してやりました^^;

大した事はないだろうと確信しながら口に運ぶと!

その瞬間!

私の心に悪魔の囁きが…..。

まだ一口も食していない妻に

「俺の生麩パフェと半分こする??と言ってやろうか!?」

まぁ〜結局ゴリ押しで半分こした訳ですが^^;

このケーキ!口に運んだ瞬間はレアチーズケーキですが

その0.5秒後には小豆の旨味が脳内を駆け巡り、

1秒後には抹茶の苦みと風味が脳から鼻に抜けて行きます!

見て下さい!この太々しいコントラストを!

上から順番に、3段攻撃を受けます!

今後他の商品も知る必要性を感じました。

京都で私が知る限り

中村藤吉本店さん

都路里さん

憩和井カフェさん

洛匠さん

など錚々たるメンツの中で、

私的にはカネタカフェさんはNo1です!

私の中でカネタさんを上回る抹茶スイーツを出す店は

今後現れるのでしょうか?

乞うご期待!

 

現在までの番付け表

横綱  「カネタカフェ」

大関  「中村藤吉本店」「洛匠」

こんな感じでしょうか?

皆さんはどう評価されるでしょうか?

 

オススメ度 ★★★

もう一度行きたい度 ★★★

味 ★★★

価格 ★★

雰囲気 ★★*

 

【HP】 無

【場所】 京都府京都市中京区錦小路通麩屋町東入ル鍛冶屋町210 2F

【TEL】 075-221-4301

【営業時間】 9:00~18:00

【定休日】 木曜日

【予約】 無

【予算】 〜1,000円

【カード】 不可

【個室】 無

【席数】 20席

【禁煙・喫煙】 分煙

【駐車場】 無

【アクセス】 河原町駅から300m

【地図】

京都府京都市中京区錦小路通麩屋町東入ル鍛冶屋町210 2F

 

↑↑↑もしお役に立てたならクリック宜しくお願いします。

京都食べ歩き ブログランキングに参加しています!

皆様からの応援が励みになりっています。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。