七福神って可愛くない?

七福神のイメージはこんな感じではないですか?

そんな七福神ですが、由来をご存知でしょうか?

神仏習合

インドのヒンドゥー教(大黒・毘沙門・弁才)と中国仏教の(布袋

中国の実在した仙人(福禄寿・寿老人)、日本の土着信仰(恵比寿

が入りまじって形成された、神仏習合からなる、日本的な信仰対象です。

室町時代末期頃から信仰されているらしいです。

でも、これは関西から始まったらしいんですよww

いったい何を根拠に集めたんでしょうね^^;

大黒天

毘沙門天

弁財天

どの神様も恐ろしく強そうですね^^;

七福神の画像のような愛くるしい姿ではありませんねw

因に、中国では、七福神と似た八仙(八福神)と呼ばれるものがあり、

全てが実在の人物(仙人)であったといわれ、各地でその姿を描いた

絵が信仰の対象になっているんですね。

絵は日本の七福神に似ているので、この八仙が元になったとする説があるらしいです。

ジャッキー・チェン主演の映画「酔拳」は、もともと「酔八仙拳」といい、

八仙のお酒の飲み方(酔い方)からなっているとのことだそうです。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。