五山の送り火 が全て見渡せるスポット

大文字 五山の送り火点火

夜8時に東山に最初に点火される「大文字」

他には「妙」「法」が8時10分

「舟形」が8時15分

「左大文字」同8時15分

「鳥居形」8時20分に点火されます。

五山送り火協会参照

 

大文字の送り火とは?
お盆の精霊送りの万灯会が大規模になったもので、
江戸時代初期頃から年中行事として定着したようです。


五山の送り火がよく見える場所


京都タワー 抽選で選ばれた人に、空中経路や大空広場を開放。

全てが見渡せるますが、どれも小さく見える程度だと思われます。

料金3500円 予約制

将軍塚 送り火が一望できる。

料金800円

交通手段は自家用車×

路線バス×

タクシー◯ 予約制

ツアー◯ 予約制

以下迫力はないが、全て見渡せると言われています。

 

  • 吉田山山頂公園  無料で大文字が最も大きく見れるが、相当な混雑が予想され、鳥居が見れません!
  • 京都駅ビル  事前抽選制
  • 真如堂   無料
  • 京都御苑  無料
  • 一乗寺付近高野川沿い  無料
  • 市内各ホテル屋上  有料 事前申し込み

この日は、高層ホテルはどこもいっぱいです。

因に私は将軍塚からタクシーを事前予約して行きます。

 

行くご予定がある方は今から予約をお早めに^^

 

「参考」

京都五山送り火(大文字送り火)鑑賞ポイントはここ!

京都観光ハイヤー: ニュース: 五山の送り火

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。