京都でガス管が破裂!水が流れ込む!

20日早朝、腐食で水道管に穴が開き、

水と砂が高圧で吹き付け、平衡して並ぶガス管に穴を開け、

水が流れ込み、京都府西京区の約1万3880世帯の

ガス供給を止めた事件で…。

水がガス栓からあふれて床が水浸しになった家庭もあったという。

破裂した水道管は1975年に敷設された直径40センチの幹線配水管で、

法定耐用年数の40年は超えていないが、洛西地域の土壌は酸性が強く

腐食が進みやすかったという。

大阪ガスは24日深夜に「復旧が完了」と発表したが、

25日になってもまだガスが使えない世帯が残っており、

そろそろ住民から不満が爆発寸前になっているらしい。

修復が遅れている理由とて、大阪ガスの説明では、

職員が戸別訪問したが不在だった事が大きいという。

その結果、開栓ができていないのは約3800世帯残っている。

被害住民は、シャワーも使えず、カセットコンロでの食事も

うんざりの様子だ。

同社は職員を5日間で延べ6400人動員して復旧に当たっている。

今年1月26日に起きた鹿児島霧島山の新燃岳の噴火後、

3月11日の東日本大震災、そして今年の5月の例年より早い台風!大雨、

そして6月にも関わらず、35度を超える猛暑と、異常気象が続く

日本ですが、何れにしても、異常気象には我々人間の

力は遠く及ばない。

政治家に文句を言っても、東京電力に文句を言っても

仕方がない…。

平和ボケしている日本人よ!

個人の危機管理能力が問われる時代になって来たぜよ!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。