六道珍皇寺

 六道珍皇寺 (ろくどうちんのうじ、ろくどうちんこうじ)は、

京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。

山号は大椿山。本尊は薬師如来。

閻魔・篁堂には閻魔大王の像と小野篁の像が鎮座しており、

格子窓からそれが覗き込めます。

覗き込むや否や、閻魔大王と目が合ってしまいます。

そして、その迫力は私を思わず、後ろに仰け反らせてしまいました。

小さな格子窓から覗いたからでしょうか?

視覚効果をとても上手く利用していますね^^

閻魔さんがおられるお堂は、この看板が目印です^^

冥土通いの井戸の説明です。

右の写真が冥土通いの井戸です。

8月7-10日の六道詣り、 小野篁 が 冥界に通ったと伝わる井戸

(寺宝展等の特別公開時を除き非公開)で知られる。

通称 六道さん 。この付近が「 六道の辻 」であるとされる。

YouTube Preview Image

この寺の創建については諸説あって不詳であるが、

東寺の文書によれば承和年間(834年~848年)

山代淡海が創建したという。

鎌倉時代までは東寺に属していたが、

室町時代に建仁寺の聞渓良聡が入寺して再興、

臨済宗に改められた。

明治に入り一時建仁寺に併合された時期もあったが、

1910年(明治43年)独立した。

 

近くには 六波羅蜜寺 や 建仁寺 、 安井金比羅 があります。

もう少し歩けば 清水寺 があります。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。