福知山藩主宅から 鷹狩り絵巻物を発見

江戸期の大名らが行った狩猟「鷹(たか)狩り」の

場面を描いた絵巻物がこのほど、約200年にわたり

福知山藩主を務めた朽木家の所蔵品から京都府

福知山市内で見つかった。

江戸前期の狩野派絵師が描いた鷹狩りの教本だったとみられ、

絵巻物は、春夏秋冬の各巻と「山鷹」の計5巻。

江戸前期の絵師・狩野常信の原画を弟子の

片山養和が写したと記され、

製作年は1674(延宝2)~1725(享保10)年

とわかった。

それぞれの絵巻物は幅約50センチ、長さは約16メートルに

上り、放たれたタカが草原でウサギを追いつめる場面や、

今秋に福知山城で展示会を予定している。

余談ですが….。

狩野派(かのうは)は、日本絵画史上最大の画派であり、

室町時代中期(15世紀)から江戸時代末期(19世紀)まで、

約400年にわたって活動し、常に画壇の

中心にあった門画家集団である。

室町幕府の御用絵師となった狩野正信を始祖とし、

その子孫は、室町幕府崩壊後は織田信長、

豊臣秀吉、徳川将軍などに絵師として仕え、

その時々の権力者と結び付いて常に

画壇の中心を占め、内裏、城郭、大寺院などの

障壁画から扇面などの小画面に至るまで、

あらゆるジャンルの絵画を手掛ける職業画家集団として、

日本美術界に多大な影響を及ぼした。

また、狩野派は、親・兄弟などの血族関係を主軸とした

画家集団で、約4世紀間の長期にわたって一国の画壇に

君臨したという点で、世界的にも他にほとんど例を見ない

集団である。

狩野探幽と言えば妙心寺の雲龍図や大徳寺の障壁画を描いた

ことで有名ですね。

今回の絵巻はその探幽の甥である 狩野常信 が書いた

ことになります。

因に、狩野探幽の母は戦国武将の佐々成政の娘でもあります。

歴史は繋がりますね^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。