綾瀬はるか ! 同志社大学創設者 の妻を演じる。

オリコン参照

NHKは22日、2013年度大河ドラマが「八重の桜」に決まり、
主役に女優・ 綾瀬はるか (26)を起用することを発表した。

NHKは2012年 平清盛 なのに、もう2013年の大河の話題が
この時期に発表される何て・・・。

綾瀬が演じる主人公・新島八重は京都でも有名な同志社大を
創設した新島襄(じょう)の妻で、会津藩士の家に生まれたという。

戊辰戦争では会津・鶴ケ城籠城戦で銃を持って戦い
「幕末のジャンヌダルク」と称された。
明治維新後は同志社大の創設者、新島襄と結婚。
キリスト教の伝道と教育活動に努め、日清・日露戦争では
篤志看護婦として戦地に赴いた。

舞台は八重の出身地は今回の東日本大震災で被害を受けた福島県だそうです。

ドラマの舞台は福島県。被災地から日本中に元気と勇気を発信する
大役を綾瀬はるかが演じることになった。

綾瀬はるか と言えば何処か天然で「ほわぁ〜〜ん」とした
雰囲気があるが、女優としては一流!

「最初は私でいいのかなと不安もあったけど
としながらも、「日本中が元気になる作品になるよう演じたい
八重さんの生きざまを一生懸命演じたい」と意気込みを語った。

「どんな苦境であっても人は幸せでなくてはならぬ」と、
語ったという 新島八重 さんの生き方が
東日本大震災からの復興を目指す日本への力強い
メッセージになると、大河に選ばれた。

脚本は連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を手がけた
「山本むつみ」さんとのこと。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。