通圓 ( 宇治 )

宇治橋を渡るとすぐ側に「 通圓 」という茶屋があります。

「 通圓 」は宮本武蔵に思いを寄せる「お通」という女性が

宮本武蔵を探す旅の途中で立ち寄ったとさせる

御茶屋さんらしいですよ。

そんな「通圓」さんはとても歴史の長いお店で

現在の当主は23代目だということです。

通圓さんの歴史をたどると….。

初代通圓は

主君源頼政ともに平家の軍と戦い

ともに討ち死にを遂げており、現在、源頼政、通圓政久の

両墓は平等院の庭に静かに眠っています。(源三位頼政之墓)

またこの頼政と通圓の主従関係を物語った「通圓」

という(狂言)能芸があり今日もたまに公演されているとのことです。

元々、お茶は主に修行僧の眠気覚ましとして飲まれていたんですね。

通園の七代目は、

「とんち」で有名な「一休和尚」と親交厚く、

参禅して隠者となり、共に「とんち」を持って肝胆肝胆相照らす仲だったようです。

一休和尚作「初代通圓」木像は茶筅と茶碗を持ち舞っている姿で当店正面に

祀(まつ)られています。

第十代目、第十一代目通圓は、

豊臣秀吉公の信任を受けて宇治川の水を汲み上げる

大役を仰せ使いました。

このような歴史を知った上で「通圓」でお茶を頂くと、また違った楽しみ方が

出来るかもしれませんね^^

 

京都府宇治市宇治東内1

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。