鈴虫寺の住職のお話は面白い!

鈴虫寺の住職のお話は面白い!

鈴虫寺は本名を華厳寺(けごんじ)で、臨済宗の寺院である。
山号は「妙徳山」(みょうとくさん)という。

 

住職がスズムシの1年を通して鈴虫の音色が聞くことが出来る為、
通称「鈴虫寺」と呼ばれている。

 

鈴虫寺がこれほどにまで有名になったのは
一年中鈴虫が見れることも
ありますが、

しはり、わらじをはき、願い事を一つだけ叶えてくださるという
有り難い「幸福地蔵」の存在を無視する事は出来ません。

毎日、土日祝に限らず一年中若い男女を中心に参拝者で
賑わうお寺でもあります。

古都遊人が参拝した日も雨であったにも関わらず、
多くの人が願い事に列をなしていました。

そうそう!忘れてました!
鈴虫寺の人気の理由にはもう一つ!
ご住職の説法があります。

古都遊人も今まで2回しか訪れたことがありませんが、
2回とも説法の内容が少し違った気がします。

華厳寺ではご住職のお話を聞きながら、
お菓子とお茶を出して頂けます。

 

 

1人1個ですが、古都遊人は連れと一緒に行ったので、
2個頂きました。
どうやら紅白の2種類あるようです。

 

このお菓子結構美味しい!
口の中でホロホロと溶けて行きます。

しかし、食べ終わった頃合いを見計らって、
このお菓子の中には何やら黒いツブツブが
ありますが、これを死んだ鈴虫の死骸を砕いた
ものをお菓子に入れているなどと、
住職の冗談がはじまります!
オイ!と突っ込みそうになります^^:

 

 

直接、鈴虫の写真撮影は禁止ですので、外の庭から激写!
室内のオレンジに照らされているのが鈴虫が生息する
虫かごです。

 

鈴虫寺 では帰り際に黄色いお守りを購入し
お財布などに入れておく訳ですが、

願い事が叶えられた時はそのお守りを持って
鈴虫寺へお返しに行くものとされています。

わたしの願い事はまだ叶えられていませんが、
叶えられた時には、願い事をしたためた、
お守りを返しに行きたいと思います。

【場所】
京都府京都市西京区松室地家町31

【駐車場】
約70台分

また、勿論、鈴虫寺所有の駐車場もあるのですが、
込み合うので、そんな時は、
柚之茶屋さんでお食事をすればお店の駐車場もお借り出来ます。

【TEL】
075-381-3830

【拝観時間】
9:00〜17:00

最終受付16:30

【アクセス】

京都駅から

市バス【28番 大覚寺ゆき】にて、【松尾大社】下車 徒歩15分 約60分
京都バス【73、83番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車 徒歩2~3分 約60分
タクシーで鈴虫寺まで約2,000円~2,300円 約25分
JRで嵐山駅までタクシー乗り継ぎ 約40分

三条京阪前から

京都バス【63番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車 約60分

四条烏丸から

市バス【29番 国道中山洛西バスターミナルゆき】にて、【苔寺道】下車 約50分
京都バス【73番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車 約50分

映画村から

京都バス【63番】、又は 【63、73番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車 約30分

嵐山から

京都バス【63、73番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車 約15分
阪急電車【嵐山線松尾駅】下車、徒歩15分 約15分
タクシーで 約10分




大きな地図で見る

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。