関西電力の節電要請、京都にも波紋広がる!

今年の夏、 関西電力 が15%程度の 節電 を

要請したことの波紋が観光地にも広がっている。

今年の夏の電力不足が噂される中、観光地でも

節電 に対する具体的な対策を検討している模様。

神戸や京都などでは夜景などの観光地の魅力が

半減しかねないと困惑する声もある。

「死活問題」との声すら出始めている。

一方、京都府観光課の担当者は「東日本大震災からの

復興のため、関西から日本を引っ張る上で観光は

欠かせない要素なのに…」と 節電 によるマイナス効果を懸念。

「観光の魅力が半減しないようにしていきたい」と

大幅な 節電 には消極姿勢だ。

京都市観光協会の担当者も「今のところ、具体的な

節電 対策は考えていない」と話した。

大阪府知事 の橋下知事が10日、報道陣に

「関電は15%削減の根拠を一切示していない」と語ったように

私も、何故15%なのかという数字に具体性が感じられない

ように思う。

5%〜10%でも十分だと感じるからです。

日本を元気にする為にも、東北で被災に合われた人達の

分まで、我々が頑張らなければならないこの時に、

節電 を強調してどうするんだ?

と感じるのは私だけでしょうか?

それより一日でも早く、新しいエネルギー

探さす方が先でしょう。

それより メタンハイドレート を中国と取り合っていますが

あの話は何処へ行ったのでしょうか^^;

また石油を作る藻とかもありますよね!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。