京都 唯一の 鍾乳洞! 質志鍾乳洞

質志鍾乳洞は昭和2年に発見された

京都唯一の鍾乳洞です。

鍾乳洞内は4つの部分に分かれていて、

とてもひんやり(年中8〜12℃)

としています。

質志鍾乳洞の駐車場から道を挟んで

歩道橋があります。

公園内の道沿いには桜の木が沢山植えられて

いました。

さぞかし、春には綺麗な桜が咲き誇るんだ

ろうなぁ〜と思いきや!

チケット売り場のおじさんに春は

この辺りは綺麗なんでしょうねぇ〜?

と尋ねると、

うんうん!桜咲くよ!

でも綺麗じゃないけどね!だって…..。

公園には不老長寿の名水が湧き出ています。

布袋さんが鎮座していました。

そろそろ鍾乳洞が現れるのかという

私達の期待を裏切り

この上か!

こんな道をかなり登らないと鍾乳洞の入口には

たどり着きません^^;

この時点で汗だくです!

これか!汗だくの服のまま、突入!

おい!すげぇ〜寒いぞ!!!!

正直風邪を引いてしまいそうな寒さです。

こんな感じです。

おっと!これ以上は行った人のお楽しみ!

因に公園内には鍾乳洞だけではなく、

キャンプ場や滝、釣りが出来る場所もあるようです。

 

1月〜2月は休園


区分 単位 料金 備考
入園料 大人1人 510円 20人以上の団体1割引
入園料 3歳以上
中学生以下1人
300円 20人以上の団体1割引
バンガロー 1棟1夜当り 6,300円 3名以上5名まで
キャンプ台 1基1夜当り 2,030円 高床キャンプ台
キャンプ台 1基昼間使用 1,010円 高床キャンプ台
テント 1張1夜当り 2,030円  
炊事用具 1日当り 300円  
寝袋(シュラフ) 1枚1夜当り 300円  
炊事用まき 1束1夜当り 300円  
その他 実費 (ニジマス釣り・つかみどり可)


[質志鍾乳洞 伝説]

土地の古老達は果たしてこの鍾乳洞が

何処まで続いているのかと話題になり

取り敢えず犬と鶏を洞内に入れたという。

犬は途中で引き返したが、

鶏は3km程離れた大原神社の下のホラ穴

に出て大きな声で鳴いたとの伝説が

残っています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。