水を入れると発電する単3電池

水を入れると発電する単3電池をナカバヤシが開発したという。

 

 

水を入れると発電する電池の名前は「水電池 NOPOPO」。

 

水は付属のスポイトを使って本体の穴に注入するという。

 

驚くのはまだ早い!

 

水分があれば良いため、ジュースやビール、唾液でも発電させることが
可能だという。

 

更に、電力が弱まった場合でも、再度注水すれば、数回繰り返し使用する
ことができるらしいのだ!

 

重量に関しても、一般的な電池100本あたりの重量が2.3kgに対し、
本製品の重量は100本あたり1.5kg(未使用時)という軽さも実現している。

 

また、有害物質(水銀、六価クロム、カドミウム等)を
含有していないため、使用後は不燃物として廃棄できるわけだ。

 

使用時間は、LEDライトの場合でおよそ5時間(電池1本使用)と性能も十分!

 

気になる価格だが、3本パックが630円、100本パックが20,790円。

 

単1、単2電池サイズ変換アダプターも付いているので用途には不自由しない。

 

発売は8月上旬予定!

 

水を入れなければ長期間保存が可能だという
(保存期間は未開封状態で約20年)。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。