祇園祭の 山と鉾 何がどう違うのだろう?

祇園祭 の 山 と鉾 何がどう違うのだろう?

正直、 鉾 の形をした 山 があるんです!

祇園祭では、

くじ引きの順で 鉾 が9基、山 が23基が京都を練り歩きます。

今から約1100年前の清和天皇の時代に京都の都で疫病が流行し、

庶民の間に病人、死人が続出し、

これは牛頭天皇のたたりであるという噂が流れ、

そのご機嫌をとる為に神をまつり、病魔退散を祈願したのが

始まりだと言われています。

その際、66本の 鉾 を作らせたという。

 

その後、応仁の乱などで、一時中断した時期は

あったものの、足利将軍時代に再興、

その後、室町時代に 山 ができ、

足利将軍やその夫人などが観覧したという記録も残っている

とのことです。

 

桃山や江戸時代になると、 山 や 鉾 に飾る装飾品も豪華になり、

今のような豪華な祭へと変貌を遂げていったんですね^^

 

また道がそれました^^; 山と鉾の違いですが、

山 には木が乗っている、  鉾 には鉾がついています。

また、 鉾 に比べて 山 は小さいです。

 

例外! 

「とうろう山」と「はしべんけい山」は人形が乗っています。

 

詳しくは画像で!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。