パリは寒いが、日本は猛暑

2003年9月にフランスでは猛暑

による死者が1万4802人と推計される

と発表した。

これはパリの国立保健医療研究所からの

報告によるものである。

それによると、この期間の死者全体の数は例年同期の

平均に比べ60%増えた。特に75歳以上の高齢者は

70%増えている。

死亡した場所は、総合病院が42%、自宅が35%、

養護老人ホームが19%で、個人病院が3%だった。

保健省は8月末に、同月1日から15日までの猛暑に

よる死者数を1万1435人と推計されると発表していた。

 

しかし、今パリでは4、5、6月に暑く、

7、8月はダウンジャケットで過ごしている

人がいるという程寒いという。

今からパリへ旅する予定がある人は冬着を

カバンに忍ばせた方が良いかもしれない。

 

日本では依然、猛暑の日々が続いており、

2011年8月9日になんと、

京都府南丹市では観測史上最高となる

38・1度を記録した!

いつの日か日本でもパリのような異常気象が

くるのかもしれないと想像する古都遊人です。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。