知っておきたい 熱中症対策 の知識 

猛暑が続く日本列島!

熱中症で運ばれた人数は全国で4万人を

超え、死者は400人を超えている

とのこと!(NHK調べ)

しかし、気になるのは「夜間」に、

死亡する高齢者が続出していることです。

そこで気になるのが正しい

熱中症対策ですね。

その1、

牛乳やヨーグルトなどでタンパク質を

摂取し、血液量を増やし汗を

かきやすい体作りです。

アルブミンは運動後に血中に増える

タンパク質で、血中の水分を増やす

働きがある為、体の熱を効率よく

排出することが出来るのです。

涼しい時間帯に運動をして、

運動後30分以内に牛乳、ヨーグルト、

チーズなどを摂取すると

良いとの事です。

その2、

熱中症の一番の原因はやはり、

脱水症状です。

ではどのような飲み物を飲めば

良いのでしょうか?

市販ではポカリスウェットや

アクエリアスなどのスポーツドリンクが

有名ですが、

経口補水液と呼ばれる「OS-1」が

500mlで200円ほどで

売られています。

脱水の時に体が水分を吸収しやすいように

作られており、「飲む点滴」とも言われて

います。

しかし、この補水液は自宅でも簡単に

作ることが出来るようです。

【材料】

水  1L

塩  3g (小さじ2分の1)

砂糖 40g(大さじ4と2分の1)

を混ぜたものです。

レモンなどを少量加えると飲みやすく

なるそうです。

果糖を入れ過ぎると吸収が悪くなるので

注意です。

脱水が疑われる人は1回に500mlを

ゆっくり飲むと良いらしいです。

その3、

そして最後に、熱中症の見分け方です。

熱中症というのは、高温の中で

「脱水症」と「臓器障害」という

2つの大きな症状が出る恐ろしい

病気です。

しかし、症状としてはまず「脱水」が

進むので、脱水を起こしているか

どうかの見分け方を知っておくと、

早期発見に役立ちます。

その①

親指の爪の先をおさえて放して直ぐ赤みが

戻ればOK!

3秒以上白いままだったら、

脱水を起こしている危険性が

あります。

その②

舌の状態を見て赤黒く、なっていれば

脱水の危険性があります。

 

脱水は早期発見で対処が可能なので、

自分は大丈夫だと過信せず、

一度目を向けてみる慎重さも

必要ではないでしょうか?

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。