車折神社 萬灯祭 in 嵐山

嵐山にある 車折神社 の 萬灯祭 の

存在を忘れていた古都遊人です。

 

 

五山の送り火に心奪われていた

為です^^;

皆さんは、「車折神社」を

「くるまおりじんじゃ」と

呼んでいませんか?

「くるまざきじんじゃ」です。

 

車折神社の萬灯祭とは

金運向上の御利益や境内末社の

「芸能神社」でよく知られている

車折神社では毎年、

8月14日〜16日まで3日間

萬灯祭が行われます。

奉納された三面からなる紙灯籠を

点灯して、様々なお願い事をの

成就を祈願する神事です。

 

車折神社は平安時代の漢学者、

儒学者でもあった清原頼業公

が祀られ、

社名の「車折」の由来は、

後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、

社前で突然車が前に進まなくなったので、

不思議に思って社の者に問うた所、

頼業公を祀ると答えがあったので、

還御の後に「車折大明神」の神号と

正一位の神階を贈ったためともいう。

金運・良縁・学業にご利益があります。

 

また、境内には「芸能人神社」があり、

これは日本最古の踊り子と言われる、

アメノウズメノミコトがまつられている。

芸能人の朱塗りの玉垣が2000枚以上

奉納されている。

芸能・芸術の神様なので、人気運アップ

才能開花の御利益があとのことです。

萬灯祭には行けなかったけれど、

昼間にでも行ってみたいと思います。

 

車折神社

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。