恭仁京(くにきょう) 天平祭

恭仁京(くにきょう)天平祭は、

奈良時代の一時期に聖武天皇の

勅命により平城京から山背国相楽郡

現在の木津川市に遷都された都を

偲ぶお祭です。

正式名称は、大養徳恭仁大宮

(やまとのくにのおおみや)とされ、

741~743年の3年間に大極殿の移設や

大宮垣・宮殿が築かれました。

その後、近江国を経て都は平城京に

戻りましたが、既に建設された大極殿や

宮殿は国分寺となり、現在は広大な

平原に、金堂(大極殿)礎石と

七重塔礎石が地表に残されています。

 

 

お祭の詳細は、 恭仁京天平祭 HPで、

 

○日時:10月29日(土) 10:00~16:00

30日(日) 10:00~15:30

○場所:史跡恭仁宮跡(山城国分寺跡)

○内容:天平行列、舞「五節の舞」・

「柳花苑」、万葉蹴鞠、商工会等による

特産品・物産品などの販売 他

 

会場と駅や駐車場は遠いですが、

20~30分ごとにシャトルバスも

運行していてとても便利になってます^^

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。