盲導犬ユーザーと歩いてみた感想

京都在住盲導犬使用者とともに歩む市民の会
・  京都ハーネスの会 と関西盲導犬協会の

共同イベントが開かれました。

見るは易し!行うは難し!

実際に盲導犬とそのユーザーに接すると
健常者の私達は学ぶことばかりでした。

四条烏丸に集合!四条通りから河原町へ
その後、丸太町へ行き、京都御所までの
ルートを歩きました。
万歩計を調べると13508歩にもなっていました。
一日1万歩!今日は達成ですって会話が年寄り臭い古都遊人です^^;

盲導犬は京都には20匹いるそうです。
その内の半数以上の10匹程が集まりました。

今回私が一緒に歩かせてもらったのは、
京都ハーネスの会の代表の 大西さん
盲動犬のユニス君でした。

古都遊人は今まで、盲導犬はユーザーにとって
完璧なパートナーであると考えていました。
まるで精密機械のようにユーザーを支え
盲導犬を横に従えることで何の心配もない
と考えていたのです。

だから私はいつも盲導犬を見掛けると心強く感じて
いましたし、特に気遣う心が少なかった気がします。

そもそも、盲導犬は左の壁を沿って歩くのだそうです!
盲導犬は決して積極的に道の真ん中をある事は
ないのです。

しかし、都心部では特に対向者は必ずしも
右を歩いてくれるとは限りません!
盲導犬を従えるユーザーには常に
前後左右から人の群れに飛び込みながらの
通行になります。

横を歩きながら冷や汗の連続でした。
私も偉そうには言えませんが、
通行者は盲導犬とユーザーに殆ど
気にする事無く我が道を黙々と
通り過ぎて行きました。

毎回、ユーザーがどれほどの危険に
曝されているのかを考えただけで
ゾッとします。

本日は貴重な体験有り難うございました。
古都遊人もこの体験を通じて
今後何が出来るのか考えて
行きたいと思います。

続き

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。