ビストロ・ヨシムラは精華町No1かもしれない。

ビストロ・ヨシムラのお料理は精華町でNo1かもしれません!

私が思うに、洋食部門ではNo1です。

理由は、

①価格

②味

総合してです。

ランチは

1500円〜3000円ぐらいの設定で、私たちが頂いたのは

2800円のシェフランチ!

料理が出てくるまでは、この価格が高いのか?

安いのか?さえ分かりません。

初めてに出て来たのはパン!手作りなのか?

割ると湯気が上がっていました。

前菜は茄子とトマトの間に生魚が挟んであり、その上には

今旬のレンコンが!

赤、黄、緑のソースで奇麗にコーディネート!

あれっ?!ココほんとに精華町のレストラン?

って疑っちゃういました。

3番目に出て来たのがスープです。

こういうのって手作りかそうじゃないかは直ぐに分かりますよね。

ありそうで、他には決してなさそうな繊細なお味でした。

 

まぁ〜この辺りで、そろそろメイン料理が出て来て終わりかな?!

と思いきや、鯛を使った料理が、

皮はパリパリ、身はフワフワで下には3種類のソースが敷いてあり

フォークで切り分けていくごとに味が変化していきました。

これがメインか!?と思いきや

もう一品!

ココでメイン料理の登場です!

妻のルナちゃんが食べたのはひれステーキのミディアムレア

相変わらす、赤みの肉が好きな人です。

古都遊人は最近、鴨肉がお気に入り!

バルサミコ酢のソースが鴨肉ととてもベストマッチして

最高でした。

余ったソースをパンに付けて食べたのですが、

タレが旨い!このソース分けてくれ!って

思いました。

もうコレだけでも十分なのに、更にちゃんと

デザートも付いてます。

八つ橋ベースのアイス(色々選べる)と柿を使ったケーキ!

モンブラン風のケーキの盛り合わせです。

 

そしてケーキと言えば、やはり紅茶ですよね!?

この下の画像はバラの花びらを粉末にしていれてある

砂糖です。

 

 

スウェーデンの皇室でも飲まれているという

紅茶にこのローズ入りの砂糖を入れると

葉だけが紅茶の上に浮いています。

紅茶を口に注ぐと、なんとも言えない

ローズの香りが口の中に広がり、

まさに、セレブ気分です(笑)

この紅茶だけで非日常が味わえますよ。

これだけのボリュームと味で2800円とは
恐れ入りました。

店内はカウンター席と

テーブル席は4人かげのテーブルが2席ぐらいですね。

 

大きな地図で見る

【場所】  京都府木津川市相楽新堂前5-2

【TEL】  0774-46-9900

【営業時間】  11:30~21:00

【定休日】   月曜&第2火曜

【予約】 可

【予算】 ランチ 1,500円〜4,200円    

【席数】  36席

【駐車場】 有

【地図】
大きな地図で見る

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。