求職者支援制度 と 緊急人材育成・就職支援事業

緊急人材育成・就職支援事業が終了して、10月1日から
求職者支援制度 が施行されました。

ハローワークの支援指示を受けて求職者支援訓練等を

受講する方が、要件を満たす場合に求職者支援制度が

適用されて、最長1年 手当が支給されます。

( 職業訓練受講手当 月額10万円+通所手当)

 

求職者支援制度 の 支給対象になるには

9つの要件全てに該当する方となります。

① 雇用保険被保険者ではない、また雇用保険の

求職者給付を受給できない

② 本人収入が月8万円以下

③ 世帯全体の収入が月25万円以下(年300万円以下)

④ 世帯全体の金融資産が300万円以下

⑤ 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない

⑥ 全ての訓練実施日に出席する

(やむを得ない理由がある場合は8割以上の出席)

⑦ 訓練期間中~訓練終了後、定期的にハローワークに

来所し職業相談を受ける

⑧ 同世帯で同時にこの給付金を受給し訓練を受けていない

⑨ 既にこの給付金を受給したことがある場合は、

前回の受給から6年以上経過している

 

緊急人材育成支援事業 の事業終了後(平成23年10月以降)

(1) 訓練奨励金は、基金訓練の計画認定を受けて

平成23年9月末までに開始した基金訓練コースについては、

引き続き受給することができます。

(2) 訓練・生活支援給付金、訓練・生活支援資金融資は、

平成23年9月末までに開始した①基金訓練コース、

②公共職業訓練コースを受講する方については、

引き続きご利用いただけますとのことです。

 

求人者支援制度は、管轄のハローワークで相談と

申し込みをして、詳しい説明を受ける必要があるそうです。

訓練については、 求職者支援訓練検索サイト でも

見ることができます^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。