圓光寺 の 紅葉 は絶品!

圓光寺 の 紅葉 は絶品です。

1601年、徳川家康が国内数学発展のために
建てた学校が圓光寺です。
出版に使用された木活字が現存されており、
現存する活字では日本最古の活字だそうです。
その日本最古の活字が資料館で見ることができます。

そんな圓光詩仙堂周辺エリアでNo1の紅葉スポットだと
思います。

そもそも詩仙堂と曼殊院の中間に位置するので
一応立ち寄ってみた圓光寺が一番奇麗な
紅葉を見せてくれました。

 

看板の内容を見たい人は画像をクリックして下さい。

大きくなります。

 

 

水琴窟(すいきんくつ)があります。

この水琴窟(すいきんくつ)から突き出して
いる竹筒に耳を当てると!
何とも言えない、この世の音とは思えない
音が聞こえてきます。
この水琴窟(すいきんくつ)家にも欲しいぃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流石、家康が作った圓光寺には
家康の『歯』が埋葬されていると言われています。

 

 

 

そんな家康の歯が埋葬されているお墓からは
京都の街並が見渡せる景色と圓光寺の紅葉のコントラストが
楽しめます。

 

 

【場所】

京都市左京区一乗寺小谷町13

【拝観料】

大人 400円

高中生  300円

小学生  200円

【拝観時間】

9:00〜16:30

【アクセス】

叡山電鉄「修学院駅」→徒歩25分
市バス18系統
「一乗寺下り松町」→徒歩10分

 


大きな地図で見る
 

圓光寺 map

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。