常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の秋の紅葉

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の秋の紅葉
はこれまた見事です。

嵐山・嵯峨野の知名度は二尊院や天竜寺に
奪われていますが、

紅葉に関しては常寂光寺の方が
断然美しさの質が違います。

 

百人一首で有名な小倉山に位置し、嵯峨野を一望できる絶景が広がっています。
秋は美しい紅葉に包まれます。

平安時代に藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝わる地で、
安土桃山時代末の慶長元年(1596年)に日蓮宗大本山本圀寺
十六世日禎が隠棲の地として当山を開いた。

歌人でもある日禎に小倉山の麓の土地を寄進したのは
角倉了以と角倉栄可で、小早川秀秋の寄進により
堂塔伽藍が整備されたと言われています。

嬉しいのは嵐山花灯路では、昼に拝観料を払えば
夜間拝観料が無料になると言うから嬉しい心使いです。

 

庭園にある池の中にはビッシリとモミジが
一面に沈み込みながらもしっかりと紅葉を
演出しています。

 

 

これ綺麗でしょ^^
モミジが粘度質の地面に落ち押し固められています。

 

【所在地】

右京区嵯峨小倉山小倉町3

【拝観時間】

9:00~17:00

【拝観料】

一般  団体割引
(30人以上)
大人  400円   300円
大学生 400円   300円
高校生 400円   300円
中学生 400円   300円
小人  200円   200円
障害者無料

【アクセス】

京福電車 嵐山下車 徒歩約25分

市バス・京都バス 嵯峨小学校前下車 徒歩約15分

阪急電車 嵐山下車 徒歩約35分

 

大きな地図で見る
 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。