博多 ラーメン 一蘭 を 京都 八幡市 で食す!

博多 ラーメン 一蘭 を 京都 八幡市 で食す!

 

 

古都遊人は昔、一年間、福岡で過ごしたことがあります。
その時食べた博多ラーメンの味は今でも舌に
焼き付いています。

それ以降、とんこつラーメンには目がありません。

今では醤油とんこつ、塩とんこつ、魚介とんこつ、と
ラーメンの進化は止まる事がありません。

が、

本場のとんこつラーメンの人気は衰えることはないでしょう。

そんな本場のとんこつラーメンがココ京都でも
食べれるんだからこんな嬉しい事はありません!

おまけに、一蘭の麺はトランス脂肪酸 ゼロ!
だから天然トンコツと名乗るわけです。

皆さんはトランス脂肪酸ってご存知です?
分かり易く言うと、悪玉コレステロールの代表核です。
商品としてはマーガリン、ショートニング(菓子パンの原料)、
マクドナルドのポテトを揚げる油などに多く含まれています。

この悪玉コレステロールであるトランス脂肪酸を使わない
麺を使用しているという拘りようです^^
嬉しいね!

 

お店に着くと、先ず一枚の紙を渡され、
麺の固さ、スープの濃さ、ネギの種類(青ネギ、白ネギ)
などの注文表の記入をさせられます。

一蘭HP画像参照

その紙を持参した状態で店内にある食券を購入。

席に着くと、テーブルの前のすだれが開き、
定員に、食券と注文票を渡して待ちます。

一蘭HP画像参照

ラーメンをすするとこれぞトンコツラーメン!

という間違いない旨さが口の中に広がります。

一人一人、枠で囲まれた孤立した空間では

もうその旨いラーメンをすすること意外考えられません。

まだ満腹中枢が満たされていない間に
麺が胃の中に消え去ります。

お代わりがほしくなります。

そんな時は箸袋の裏に

替玉、半替玉、追加チャーシュー、追加ネギ、
半熟塩ゆでたまご の文字が!

ここにチェックを入れて、注文ボタンを押すと

再び、定員が真正面のすだれをまくり上げて
現れます。

替玉などの追加注文は食券ではなく、その場で現金払いになります。

 

古都遊人も、半替玉を注文!

替玉の底にはなにやら茶色の出汁らしき
汁があります。

これがラーメンをさらに美味しくするのか?

 

替玉をする頃には、最初にラーメンの上に乗っていた、
あの赤い特性ダレがピリピリと口の中を刺激し、

只のトンコツラーメンから全く別のラーメンへと変化します。

帰る際、他の人が食べたラーメンドンブリは
一滴の汁も残っていない状態でした。

それだけ旨い証拠でしょう^^

カバンや持ち物を入れる折りたたみの籠と水は
セルフサービスです。

古都遊人も、必ずまた来ます!いや!また行きます!

どちらでもいいか?!w

【場所】
京都府八幡市八幡南山106−3

【TEL】
075-981-3100

【営業時間】
24時間年中無休

【地図】

大きな地図で見る

LINEで送る
Pocket

1 comment for “博多 ラーメン 一蘭 を 京都 八幡市 で食す!

  1. WING Kondo
    2012年5月27日 at 12:28 AM

    お!いきましたね!
    うちにはなんとオープン記念のチラシがあります。
    と言ってもまだ行ってませんが。

    僕も福岡でよく一蘭いきましたね。
    嫁さんの実家の熊本にもあるので帰省時に行ったりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。