くいしんぼー山中 の ハンバーグ には秘密が!

くいしんぼー山中 の ハンバーグ には秘密が!

食いしん坊山中  へおいしいハンバーグを食べに行ってきました。

ハンバーグって美味しい!美味しい!と良いながら
限界って無いと思いませんか?

良くテレビで
『コレは僕たちが知っているハンバーグとは全く別ものです』
なんてコメントを耳にしますが、どんなに美味しいからと
いって、ミンチ肉の固まりの旨味には限界はある!
それが古都遊人の持論です。

そんな私の持論を覆すような美味しいハンバーグに
出会えそうだったのが!
くいしん坊山中 でした。

 

洋食屋さんなのにお箸で頂くハンバーグランチはどこか
新鮮でした。

 

では、
くいしんぼー山中のランチのラインナップです。

前菜はジャガバター
皮付きのジャガイモに
丸くカットされたバター
少し食べにくい^^;

 

 

二番目に出て来たのがコーンスープにコンソメを
入れたようなものです。
少し薄めの味です。

 

 

まだメインは現れません!
何の変哲もないサラダですが、
ドレッシングが美味しかった。
酸味と舌にまとわり付くようなコクが
絶妙です。

 

 

やっと出て来たハンバーグ!

 

これがなかなかの曲者です。
ハンバーグの真ん中には半熟卵が居座っています!

箸を入れると、否が応が無しに、卵が割れます。
そしてその切れ目から黄身が溢れ出し、
近江牛でできたハンバーグと半熟の黄身!
そして 食いしん坊山中 自慢のデミグラスソースが
三位一体になった時!

このハンバーグが「今まで食べたことがない」と
言わせる食べ物になるのです。

そしてこのハンバーグの秘密!
それはハンバーグの形にあります。

このハンバーグはそもそも、最初から
真ん中が空洞でドーナツ型をしているのです。

何故ドーナツ型をしているのか?
少し考えてみました。

ハンバーグを作る際に一番難しいのが火の通りです。
外見は良く焼けて美味しそうでも、中を割ってみると
火の通りが甘く、中が真っ赤って経験ありませんか?

くいしんぼう山中のハンバーグが最初から真ん中を
ドーナツ状にすることにより、
火の通りを良くするだけでなく、その空洞に卵を落とし込み、
卵とデミグラスソース、そしてハンバーグの三位一体を
計算して作り込んだアイディアハンバーグだと感じました。

憎いね!シェフ!

 

 

おすすめ度  ★★

味      ★★★

価格     ★*

雰囲気    ★★*

 

【場所】
京都府京都市西京区御陵溝浦町26-26

【TEL】
075-392-3745

【営業時間】
11:30~14:00(L.O.13:45)
17:00~21:00(L.O.20:45)

【予算】
[昼] ¥1,570~¥6,300

【休日】
火曜・第3月曜日定休 (祝日の場合は営業)

【席数】
約30人

【駐車場】
約3台分の広さ(狭い)

 

【地図】

大きな地図で見る 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。