キムチ の ほし山 京都 梅津本店で ランチ

キムチ の ほし山 京都 梅津本店で ランチをしてみました。

今や 日本 だけでなく、世界の人に愛されている キムチ 。

乳酸菌、各種アミノ酸、繊維質、ビタミン、鉄分、カルシウム、など数多くの栄養分が含まれている
総合栄養食品です^^
起原は勿論、韓国で、7世紀に野菜の生産が難しかった寒い冬にも食べられるようにと
貯蔵方法が開発され、塩漬けとして始まったようです。
その後、各種の香辛菜類が加わって、現在の典型的な韓国 キムチ の姿になり
500年になるそうです。
古都遊人 も日常のみならず、お歳暮やお中元の季節にはお世話になっている
ホシヤマ の キムチ 。

嬉しいのは 着色料・保存料・酸味料は一切使用していないところ♬
自社で日々美味しい キムチ の研究が進められているようで、その情熱には
頭が下がります。

そんな キムチ の ほし山 で唯一、イートイン(11:00~15:00)があるのは京都 梅津 本店 のみです。

店内は入口付近にキムチやチヂミなどが所狭しと陳列されており、その奥のスペースが
イートインスペースになっています。

古都友人 は焼肉風味の黒毛和牛すじを入れた焼デラックス(1100円)を注文

下のお米の底はカリカリのお焦げになっていて、まるでお煎餅を食べているかのように香ばしく
上のナムルは意外にシンプルな味付けで味付けとしては少し薄め、
しかし、味付けされた牛すじがとてもアクセントになっていて旨い♬

味が薄い場合はコチュジャンを入れることも出来ます。

 

ほし山,キムチ,京都,牛スジビビンバ

 

その他にもキムチや スープも付いてます^^

やはりキムチは旨い♬

ほし山,キムチ,京都,ビビンバ

 

相方は冷麺を注文。
麺のコシがしっかりした韓国の冷麺(680円)で、むし豚やキムチをのせてさっぱりと食べれます。

お酢はお好みで入れることができます。

こちらもキムチとスープ、その他に おにぎり が付いてました。

 

ほし山,キムチ,京都,冷麺

 

 

ほし山,キムチ,京都,外観

 

駐車場は①〜⑥までの6台分のスペースありがあります。

 

ほし山,キムチ,京都,駐車場

 

車が一台分通れるような細い路地の中にあるので見つけ難いかもしれません^^:

 

ほし山,キムチ,京都,注意書

 

オススメ度 ★★

もう一度行きたい度 ★★

味 ★★

価格 ★★

雰囲気 ★★

【HP】  京都 キムチ の ほし山

【場所】 京都府京都市右京区西院北矢掛町31

【TEL】 (075)315-2129

【営業時間】 9:00~19:00
梅津本店軽食コーナー 11:00~15:00

【定休日】 月曜日(祝日の場合は営業)

【予約】 不可

【予算】 1,100円

【カード】 可

【個室】 無

【席数】

【禁煙・喫煙】

【駐車場】 有(6台分)

【アクセス】

阪急西院駅より徒歩5分
JR京都駅烏丸口より205系統北大路バスターミナル行き西大路四条下車より徒歩5分
JR京都駅八条口より71番バス松尾橋方面行き西大路四条下車より徒歩5分

【地図】

大きな地図で見る
 

↑↑↑もしお役に立てたならクリック宜しくお願いします。

京都食べ歩き ブログランキングに参加しています!

皆様からの応援が励みになりっています。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。